コクーンでの夜行バスツアー

コクーンでのバスツアーと言われても何のことかと思う人がいるかもしれませんが、コクーンとは座席の名前で、今までの夜行バスツアーとはかなり変わった、そして快適なツアーを楽しむことができます。普通の夜行バスと言えば、座席は4列シートか、あるいは3列シートです。3列シートは4列シートに比べていろいろな意味で快適であることは間違いありませんが、それでも左右の人の目線が気になるという人はいるでしょう。トイレ休憩などで席を立つ際はなおのことです。

コクーンはその点を考慮し、座席配置を一から見直した結果として生まれたものです。通路を挟んで座席は左右に1席ずつなのですが、人が座ったときに必要なスペースを考えて座席は進行方向を向いておらず、若干斜めに、座席に座ったときに通路側を向くように配置されています。この状態で、座席の左右は座ったときにの頭の高さくらいまであるパーテーションで仕切られていますから、座席に腰掛けると他の人の視線は一切入ってきません。このプライべート感が一番の人気の秘密です。

シートスペックについても良好で、リクライニングは140度まで倒せるうえにレッグレストもあり、ゆっくり足を伸ばせます。さらに飛行機の座席のように座席前には個人用モニターが備え付けられていて、映画やテレビ、音楽を視聴することもできるのです。実はこのようなシート配置、リクライニングが180度まで倒せないことを別にすると、飛行機の国際線ビジネスクラスで見かけるものなのです。つまり、ビジネスクラス並みの座席ということができるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です