知っておきたい4種類の海外航空券

海外旅行や仕事で外国へ行く際に必要な海外航空券には、4種類の航空券があります。まずは正規航空券、ノーマル航空券とも言われる物でファースト、ビジネス、エコノミーの3つのクラスで使用できます。全ての海外航空券の基本となるのがこの券で、1年間有効で予約や経路、航空会社の変更や払い戻しが可能です。時期、季節によって料金が変動せずどこで購入しても同一の金額であるのが特徴です。

次にゾーンペックス航空券、正規割引航空券とも呼ばれます。各航空会社が独自に運賃を設定している正規の割引運賃です、会社によって独自の名前がつけられていて早期予約、購入することで更に割安になる早割運賃があります。その分発売期間や購入期限の制限が厳しく、予約変更、経路変更はできません。利用できるのはエコノミークラスのみです。

続いては格安航空券、これは価格の安い海外航空券のことで本来は団体運賃の航空券を個人に販売しているものです。制限などはパッケージツアーのものが適用されるため、帰国便を確定した短い期間のFIXタイプの航空券が主流ですが、長期間有効なものや変更可能な帰国便が使えるもの、片道のみの航空券など様々な種類があります。ビジネスとエコノミークラスで使用できて価格が安いのが特徴ですが、繁忙期になると値段が高騰してしまったり殆ど取れないこともあります。最後にIATAペックス航空券、これはIATA加盟の全航空会社共通となる特別運賃が適用されます。

予定に合った航空会社を選択出来るので周遊旅行等で役立ちます、ただしゾーンペックスや格安航空券よりも割高な上予約変更と経路変更等は不可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です